<HOME>

オーバーフロー式水槽はよっぽど気合が入らないと買えませんよね。水槽台も専用が必要になるだろうし。

今までの水槽に飽きた方、低予算でガラスのオーバーフロー水槽をGETしたい方、こんなことしましたので見てください。

@ガラス水槽を加工するにはどうすればよいか、何が必要か、なぁんにも知らずにホームセンター「ドイト」の相談カウンターに行きました。そこでの質疑応答の一部。

Q.ガラスの加工道具は?

A.穴を空けるならダイヤドリル※切るならガラスカッターかダイヤソーです。

Q.防水加工は?

A.シリコンシーライトです。ガンと一緒で初めて使えます。

Q.水槽に穴を開けたい。

A.かなり難しいです。通常の切断方法はガラスカッターで傷を付けて、真っ直ぐに割るのが一般的です。最近、金ノコ用の替え刃にガラス向けの「ダイヤソー」がありますから、一部を切るならこれしかありません。しかし、穴には金ノコを通せませんから、ドリルで上手く穴を開けて行くしか無いでしょう。

※ダイヤドリル→電動ドリルの先っぽの刃の事。ガラスの穴あけ用で千円代。因みにリョービのドリルカンが三千円代でした。

底に穴を空けて本当の(?)オーバーフローにするのは根性が必要でしょう。私は電動ドリルを持っていませんからそれも買わなければならないし、水槽台も作らないとだめですから。迷わず横開け型のオーバーフローを作る決心をして、写真にあるシリコン(透明)と搾り出し用のガン。ガラスを切るダイヤソー(25cmの普通サイズの金ノコに合う)を購入しました。

A早速ガラス切りに挑戦!

ホームセンターの店員さんは5mm厚はきついだろうと言っていましたが、全然問題なし。切断部に水を垂らしながら切れば、ヤな音がしないし案外楽に切れます。刃の全長をいっぱいに使って3〜4往復もすれば、1mmは切れています。力は使いません。破片も出ず、切られたガラスは細かいパウダーになります。

Bスイスイ切れてしまうので、大袈裟なセッティングはいらないかも知れません。水が垂れても良い場所があればOKです。ノコの刃に方向が無いようなので、器用な方は丸く切る事も出来ると思います。しかし逆に真っ直ぐ綺麗に切るのは難しいですね。断面が波打ってしまったので、ガラスヤスリなんてあるんだったら、買っておけば良かったと思っています。

 

C横から溢れる水を受け取る部分はどんな形が良いのでしょうか?私はとりあえず写真にあるような、一回BOXに落ちた水をパイプに落とす形にしました。(実はサイフォン式でオーバーフローをやろうと思って作った物の一部なんですけど) (そのサイフォン式、バッチリ回ってたんですけど不安が付きまとうのでやめたんです)

シリコンも初めて使ってみました。面白いですね。ヤマト糊そっくりのゲル状です。数時間で表面が固まり、翌日には使えるレベルまで固まるようです。このBOXはシリコンだけでガラスに付いています。ブヨンブヨン・・・

Dとりあえず配管完了。学生時代に大活躍したルームメイト902が濾過層。

E今回いろいろと物入りだったので、ライブサンドとか大粒の砂は購入できず、以前使い切れずに余っていた珊瑚砂の一番細かいものを入れました。

F写真は海水を入れた後の状態ですが、その前に一度真水で回してみました。回るんですけど・・・水位が高すぎ。淵から1cmしか無いんです。家族にはこぼれそうに見えるらしく、笑顔が出ません。切り込みが浅かった・・・・・。

・・・・・・・。

バカぁ!

結構、水流量から断面積なんかを計算しないとカンでは難しいですよ。やってしまいましたよ。そのうちやり直すぞ、と。今はくみ上がる道中に繋げたタップを若干絞って何とかしています。

G濾過層はこんなんです。濾材はサンゴ。落ちてきた水は綿にぶち当たった後、濾材の部屋へ流れてからくみ上げられます。

でも、これも上手く行かなそうな気がします。水流にデッドスペースがあるんです。改良をすべきと思ってます。

ルームメイトの蓋には蛍光灯やサービスコンセントがくっついているんですが、全部外しました。

Hまだ完成したとは思っていませんが、オーバーフローはガラス水槽でも自分で作れます。

SEO [PR]  再就職支援 わけあり商品 黒豆 無料レンタルサーバー